ウォルサム・リバーサイド・18K・懐中時計

(商品番号/PC018)

1850年創設のアメリカの名門ウォルサムにおける

懐中時計の最高峰モデル「リバーサイド」の18Kモデル。

1919年(大正8年)製で、

当時は、家一軒買えるほどの高価な一品でした。

文豪・川端康成が愛用したことでも知られ、

その同時代の同モデルになります。

ちなみに1980年代に、このモデルの復刻版が発売されましたが

ゴールドモデルの価格は150万と非常に高価なものでした。

年代を考えると、経年変化もすくなく非常に状態の良い逸品です。

SOLD


ホームページの表示価格は現金特価として、消費税サービスの5%OFF価格となっております。 クレジットカードにてご購入の場合、+5%の消費税を頂いております。


各カタログコーナーの写真において、拡大写真でも分かりにくい場合は、メールでの画像配信も行なっていますので、 ご希望の方はお問い合わせください。


mail MAP