P3010613.png

P3010614.png

P3010615.png

(商品番号/PO050)

二重蓋ケース
内側ケースにGRAN PRIX PARIS 
1900の刻印。
当時、パリの時計万博で受賞した
モデル。
ケース径/約49mm
(リューズ含まず)
SOLD


P1310038.png

P1310046.png

P1310048.png

(商品番号/PO049)

当時流行した卓上時計。美術工芸として価値あるアンティーク
品といえる。文字盤には「TAMAYA TOKYO」とある。
海外ではショップの銘が入ったWネームが多いが
日本においても、数は少ないが存在する。1910年代は
アメリカの輸入時計では、高級品「ウオルサム」、
中級品「スタンダード」、低価格品「エルジン」と
格付けされていた(※古書/時計史年表より)。
当時の専用BOX付き

本体・横幅 約12cm
高さ/約8.2cm
時計部分直径/約5.5cm
素材/(表)ピューター&(裏)メタル
機械式手巻き


価格 85,000円(税抜き)
※cashの方は消費税サービス

P1200254.png

P1200263.png

(商品番号/PO048)

オール数ダイアル・
スモールセコンド・
手巻き式
ステンレス製・美品
ケース径・48mm
(リューズ部含まず)

SOLD





精工舎(セイコー)初代ローレル・小型懐中-01.png

精工舎(セイコー)初代ローレル・小型懐中-02.png

(商品番号/PO047)

1913年、日本初となる国産腕時計
「LAUREL」が発売。そのローレルは、
小型の懐中を腕時計型にケース変更したもので
あるが、その元となった同時代における
貴重な懐中時計。
ケース径・約30mm(リューズ部含まず)
手巻き式

¥45,000+税
(CASHの方はTAX分をサービス)



PB300309.png

PB300312.png

PB300303.png

(商品番号/PO046)

1920年代。18金。
陶板ダイアル。


SOLD 





PB300298.png

PB300299.png

PB300300.png


(商品番号/PO045)
ダボ押し式・1900年前後の懐中
サイズ・直径50mm(リューズ部含まず)
銀製(925)・陶板ダイアル


¥98,000+税
(CASHの方はTAX分をサービス)



 yamatake1.jpg

yamatake2.jpg

yamatake3.jpg

(商品番号/PO044)

非常に珍しいYAMATAKEの名前が入った懐中時計クロノグラフ
YAMATAKEとは日本の精密機器メーカーの会社名で、これはその名を冠したオーダー品だと思われます。

ムーブメントは1910年代のスイス・ミネルバ社製初期のワンプッシュクロノグラフ、2レジスターで30分計を備えたCal.19.9CH
ミネルバの社名こそ刻印されていませんが、部品仕上や細かなディティールからミネルバ社製だと断言できます。
ミネルバはクロノグラフやストップウォッチを数多く製造しており、これもその名に対し日本の企業がオーダーした時計だと思われます。

文字盤には「1時間当たりの生産量」を計測できるタコメーターと呼ばれるメーターが書かれています。
これは生産ラインの中で開始時にクロノをスタートし、一つ目が完成したときにストップすると
そのクロノ針が指している数字=生産個数を一時間に生産できる個数として計測することができます。
(例・一つの生産が20秒で完成出来た場合、その生産物の一時間当たりの生産個数は180個)

YAMATAKEが精密機器の製造会社であったため、その生産ラインで使用する為にオーダーしたのではないのかと予想できます。
タコメーターを備えているクロノグラフは珍しく、製造メーカー所有ならではのクロノグラフだと言えます。

文字盤、ケース、ムーブメント三拍子揃って非常に良い状態を保っています。
ホーローダイアルには傷や欠けも無く、ケースにも減りや隙間等無くパチンと軽快に閉まります。
ムーブメントにも錆や傷は見当たりません。
針はブルースチール製でくすみや変色、錆等発生していません。
全体を通してミントコンディションと言えます。

文字盤12時下に「YAMATAKE&.Co TOKYO」と上品に筆記され、高級感があります。
掛け時計や置き時計ではなく、懐中時計にJAPANでは無くTOKYO(東京)と入っているものはとても希少です。

今のようなコンピューターで管理された全自動の生産ラインではなく
人の手でラインが行われ、このような計器で管理していた時代
日本の戦後の工業発展から高度経済成長時期の生産業を支えた
歴史的価値と希少性価値の高い、幻の一品と言えます。


ケース径 約45mm(リュース含まず)
手巻き式
1910年代

SOLD


W01.jpg

W02.jpg

W03.jpg

W04.jpg


(商品番号/PO043)

アメリカの名門ウォルサムの大型懐中時計です。
製造が1896年と、今から120年近く前の時計になります。
ウォルサムはアメリカ懐中時計全盛期にかけて非常に高品質な時計を製造していました。
鉄道時計として多くの時計を製造し、アメリカ時計を代表するブランドと言っても過言ではありません。
その技術力の高さからか、相当な年月を経た今日でも、元気に調子よく動いております。

文字盤はファンシーダイアルで、割れや欠けも見当たらない良い状態を保っています。
大きな数字に中央部と外周部に金装飾が施され、文字盤中央がピンク色になっております。
針は珍しいモーニンググローリーと呼ばれるスケルトン針で、
ブルースチールで丁寧に作られており、錆や傷も見当たりません。
針と文字盤が相まって非常に可愛らしい、特徴的な印象です。

ムーブメントにも美しい装飾が施されており、傷や錆なども発生していません。
彫刻された受けに黒いエナメルを流し込む技法はアメリカ懐中時計の特徴的な様式です。
写真ではわかりづらいですが、表面全体に綺麗装飾が施されています。
デテンプ式と呼ばれるムーブメントで、ゼンマイ〜脱進器までは一枚の受けで隠され
テンプ(時計の振り子)だけが露出している、当時多かった伝統的な作りです。

当時の時計の中では高級品として製造販売されたものだと思われ、ごく一部の人しか手に入れることが出来なかったと言われています。

ケース径 約55mm
四つバネ式
17石 手巻き
ケースは汎用ケースになります

SOLD



BRT1.jpg

BRT2.jpg

BRT3.jpg


(商品番号/PO041)

ブライトリング社の懐中クロノグラフ時計です。

黒、赤、青、緑で鮮やかなタキメーターが書かれたオリジナルホーロダイアル
文字盤に多少のヘアラインがありますが、全体的に見れば良い状態だと言えます。
ケースは二重裏蓋になっており、内側にブライトリングのマークがしっかりと刻印されています。
12時側にある30分計の最初の5分は目盛りがわかりやすいように色が付けられ区別されています。
クロノグラフで有名なブライトリングのアンティーククロノグラフ懐中時計は
とても人気があり、今ではなかなか市場に出ない大変貴重な一品です。

ムーブメントはヴァルジュー製ピラーホール式

ケース径 約42mm 
ケース厚 約15mm

SOLD



WA01.jpg

WA02.jpg

WA03.jpg

(商品番号/P0040)

名門「ウォルサム」の18K無垢懐中時計。
1917年製造、15石モデル。
文字盤にひび割れや欠けがなく、
ケースも多少のスレがある程度で非常に良い状態を保っており、美品と言えます。
アメリカ懐中時計の代名詞とも言える美しい装飾がムーブメントに施され
気品を感じさせる時計です。
ムーブメントには「AWW.Co WALTHAM.MASS」と彫られています。

ケース径 44.5mm

SOLD





LO1.jpg

LO2.jpg

LO3.jpg

LO4.jpg

(商品番号PO039)

ロンジン社の懐中時計 1910年代
鉄道時計タイプのやや大型になります。

瀬戸引き文字盤には割れや欠け等が無くとても良い状態を保っています。
大きなスペード針の存在感があり、バランスの良いデザイン。
ケースもロンジン社のオリジナルでスクリューケースになります。
ムーブメントには美しいコートドジュネーブ模様が入り、高級感がある仕上げが施されています。

15石
青焼き巻き上げヒゲ
バイメタル切りテンプ
ケース径 約51mm

SOLD

19s1.jpg

19s2.jpg

19s3.jpg

(商品番号/PO038)

SEIKO社の懐中時計。
19セイコーと呼ばれる19サイズの大きめの鉄道時計です。

ケースには使用による多少の傷が見られますが、文字盤、針は共に傷がなく良好です。
ムーブメントも綺麗な状態を保っています。

15石 発停レバー(時刻合わせの際に、秒針を0秒の位置で固定する機能)付き。
ケース径 50mm(リューズ含まず)

SOLD




elg4.jpg

elg3.jpg

elg2.jpg

elg1.jpg

(商品番号/PO037)

エルジン社のクロノグロフ懐中時計
ワンプッシュ式でスタート→ストップ→リセットを一つのボタンで行います。
長針は1分間に一回転、リュース側にある短針は30分に一回転します。

文字盤・ムーブメントに殆ど傷がなく美品です。
角穴車と丸穴車、コハゼが黒い仕上げになっています。

ケース径45mm 

SOLD



セイコー100.jpg 

セイコー101.jpg

(商品番号/PO036)

戦時中から終戦にかけて製造されていた100式飛行時計(出車式三針)
の機械を継続して製造された稀少モデル。
PRECISIONと銘打たれたものは、資料によりますと、
陸海軍の将校用に製造された特別なモデルで民間での流用は
行われなかったとされています。
昭和10年代(1935〜1945年)頃に
作られていた懐中時計。
特に、海外モデルのようなミルスペック等の打刻はありません。

(ムーブメント)
19型/アンクル式/7石/チラネジ付きテンプ
巻き上げヒゲ、クロームメッキケース
金属板文字盤(オリジナル)

鎖およびレリーフのホルダーは以後付け付属。



Sold Out


ro-k1.jpg

ro-k2.jpg

ro-k3.jpg
(商品番号/RO086)

ロレックス・純銀懐中時計・1920年代

ロレックス初期の稀少な懐中時計。
ケース径は49mm(リューズ含まず)。
スターリングシルバーケース。
陶製の文字盤は特にクラックもなく
良好な状態の美品です。


SOLD


seiko-akatuki1.jpg

toki .jpg


seiko-akatuki2.jpg

(商品番号/PO035)

セイコー軍用 懐中「時」
昭和10年代



SOLD


w-01.jpg

w-02.jpg

w-03.jpg

(商品番号/PO034)

1918年製造
名門ブランド「ウォルサム」の懐中時計。
当時、ムーブメントにモデル名が刻印されており、
これは「ロイヤル」という高級モデル。 ケースは18金製。

45mm/リューズ含まず

¥168,000 (現金価格)
¥176,400 (税込)

kagimaki1.jpg

kagimaki2.jpg

kagimaki3.jpg

kagimaki4.jpg

(商品番号/PO033)

今から200年ほどまえの
鍵で巻く様式の古典的な懐中時計です。
美術工芸品といえる美しい
イングレーヴィングが全面に施された
18K製懐中時計。
当時はまだ、時計メーカーはほとんどなく
時計師の工房へ貴族などが注文して
つくらせる時代で、その頃こうした
18K懐中は現在と比べて物にならないほど
高価な代物でした。
裏蓋の内側蓋には時計師の
JL Du Bois という名が刻印され
その下にLocle とあります。
これは、スイスの地名のロックルで
当時、多くの時計工房がこの地にあり
ここからスイスの時計産業が発展
していった歴史があります。
サイズ;約33m(リューズ含まず)

SOLD





whorusamukaikin1.jpg

whorusamukaikin2.jpg

whorusamukaikin3.jpg

kaicyukukin.jpg

(商品番号/PO032)

ローマンダイアルの端正なホーロー文字盤の一品。
ケース直径・52mm(リューズ含まず)×厚み(19mm)
の風格のある両ブタ式懐中で希少な18金ゴールド製です。
1895年製にしてコンディション良好な状態でダイアルも
クラックなしの美品です。表ブタの内側および
ケース側面1カ所にそれぞれホールマークが付いています。


SOLD









omegakaicyuuu1.jpg

omegakaicyuuu2.jpg

omegakaicyuuu3.jpg

omegakaicyuuu4.jpg

(商品番号/PO031)

1900年当時のパリ時計万博にて
グランプリ受賞のモデル。
文字盤にクラックもなく、
ルイ様式の針がエレガントな
貴重でコンディション良好な名品です。
ケースサイズはリューズ部を含めず
直径5㎝。この時代のアメリカの
メーカーは比較的このサイズでは
まだまだ分厚かったのですが、
オメガの技術力により両蓋にして
厚み11㎜の薄さです。

SOLD




erginkin1.jpg

erginkin2.jpg

erginkin3.jpg

(商品番号/PO030)

非常にイングレービングの細かい工芸性の高い一品。
ダイアル中央の彫り込みは星々の中、孔雀が向き合っている
彫り込み柄となっています。
また、ケースサイドにも細やかなイングレービングが
施されています。
素材は14Kホワイトゴールドでクッション型。
ケースサイズは38.5mm(リューズ部含まず)。

SOLD



aloma1.jpg

aloma2.jpg

aloma3.jpg

aloma4.jpg

aloma5.jpg

aloma6.jpg

(商品番号/PO030)

アロマ社は60〜70年代に数多く流通していたポピュラーな
ブランドですが、この、リピーターのように高級モデルも
存在します。リピーター時計は側面のレバー部分を押すと、
時間と分がそれぞれの音色で音が鳴り、たとえば、
2時20分ですと、チリンと2回、そして分は5分単位
なので、チリリンと4回、連動して綺麗な音が奏でられます。
商品は完全な未使用ではありませんが、タグや取り説のついた
デットストックに近いコンディションで、販売当時のプライスは
450000円でした。
素材は金張りケースになります。
ムーブメントはETA社の高級ムーブ使用。
ケース径;約49mm(リューズ、レバー含まず)
圧さ;約16mm
手巻き式。

SOLD





kokutetu1.jpg

kokutetu2.jpg

kokutetu3.jpg

(商品番号/PO028)

昭和36年製造のセイコーの鉄道時計。
裏に国鉄の刻印有り。
15石。

SOLD


wolsam1.jpg

wolsam2.jpg

wolsam3.jpg

wolsam41.jpg

(商品番号/PO027)

ローマンダイアル(琺瑯)の銀製懐中時計。
ムーブグレード/ロイヤル17石。
スクリュー蓋式。
サイズ/48mm(リューズ含まず)

SOLD



IMG_23461.jpg

IMG_23482.jpg

IMG_23503.jpg

(商品番号/PO026)

シンプルながらも凝った作りのブローバの懐中時計。
裏はフラットに対し、上面はドーム状のスタイル。
取って部分もアールデコらしいデザイン。
サイズ/43mm(リューズ含まず)

SOLD



(商品番号/PO025)

パテック・フィリップと技術提携する等、非常に高い技術を誇っていた
幻の高級ブランド。当時は自社品を含め、数々の高級宝飾店等における
懐中時計の制作も数多く世に出しており、本品のそのなかの
「WJ.LUKENS Co」という宝飾店で販売されたものになります。
ムーブメントも、当時のパテック等と同様式の
コートドジュネーブによるブリッジ式ムーブメントで、
微調整付きスワンネック緩急針がついており、
非常にハイクオリティーなものとなっております。

創業は1832年にオーギュスト・アガシが時計組み立て会社
「レギュール・ジュンヌ&アガシ商会」設立に始まり、
スイスの中でも古く歴史のある名門メーカーになります。
同家系からは甥にあたるアーネスト・フランシロンが、
1867年にロンジンを設立したことでも有名です。

SOLD




アガシス1.jpg

アガシス2.jpg

アガシス7.jpg

アガシス3.jpg

アガシス4.jpg



アガシス6.jpg


(商品番号/PO024)
1920年代頃におけるアールデコの懐中時計。
文字盤や、裏蓋とも当時の独特なデザインが
施されています。
ケース径44mm。15石。
※裏蓋は経年による傷みが多少あります。

SOLD
IMG_0921.jpg

IMG_0927.jpg

IMG_0935.jpg



(商品番号/PC023)
1915年製の名門ウォルサムの懐中。
金張りケースに陶製文字盤、ブルースチール針。
サイズ/幅約5cm(リューズ含まず)・厚み(風防含む) 14mm

SOLD

懐中1.jpg
懐中2.jpg
懐中3.jpg


(商品番号/PC022)

1920年代頃の陶製ダイアルによる、
バセロン・コンスタンチンです。
文字盤・ムーブメントはオリジナルですが、残念ながら、
ケースは後年、汎用ケースに入れ替えられています。
ケースは、番号と素材刻印のみで、
特に、メーカー名やメーカーマークはありません。
推測ですが、戦時中、金ケースのものなどは軍事供給のため、
当時の時計(懐中)の多くは一般の汎用ケースに入れ替えられた歴史があり、
そうした経緯のものと考えられます。
素材はクローム&バックステンによる同時代のものになります。
本来は、非常に高価なバセロンですが、上記の内容のため、
特別価格として、格段に安く提供させていただきます。

SOLD

kaityu1.jpg
kaityu2.jpg
kaityu3.jpg
kaityu4.jpg


(商品番号/PO021)
英国の名門ブランド、J.Wベンソンの1800年代後期のモデル。
ケース厚15mm(ガラス部含む)
直径47mm(リューズ含まず)
の存在感あるケースは18Kゴールド製。
裏蓋には流麗なデザインのイニシャル刻印あり。
裏蓋は保護性を高めるため、二重蓋構造になっています。

SOLD
JW.jpgJW2.jpgJW3.jpgJW4.jpg





(商品番号/PC019)

清の皇帝時代に、皇室御用達として数多くの懐中時計が献上されていた

ことで有名なスイス・ボヴェ社。

現在は、そのほとんどが北京の故宮博物館に展示されています。

この懐中はまさに、その当時の稀少な一品で、

200年近い年月を感じさせないほどの美しい状態を保っています。

琺瑯ダイアルに鍵巻き式。裏蓋はリューズを押し、簡単に

開くことが出来ます。中は、重厚で美術工芸品を思わせる

豪華な作りのムーブメントになっています。

また、同時代の豪華な銀製チェーンも付属しています。

SOLD


(商品番号/PC018)

1850年創設のアメリカの名門ウォルサムにおける

懐中時計の最高峰モデル「リバーサイド」の18Kモデル。

1919年(大正8年)製で、

当時は、家一軒買えるほどの高価な一品でした。

文豪・川端康成が愛用したことでも知られ、

その同時代の同モデルになります。

ちなみに1980年代に、このモデルの復刻版が発売されましたが

ゴールドモデルの価格は150万と非常に高価なものでした。

年代を考えると、経年変化もすくなく非常に状態の良い逸品です。

SOLD


(商品番号/PC017)

アメリカの名門時計ブランド・グリュエンの

1920年代頃のポケットウオッチ。

べリシンというモデル名は「極薄」の意味で、

当時としては非常に薄型の懐中時計として誕生したモデル。

(この時代、一般メーカーではここまでの厚みは技術的な困難でした)

金張りケースに黒文字盤にブレゲ数字アップライトという

ドレッシーで気品ある一品です。

サイズ:42mm(リューズ含まず)/厚み9mm(ドーム風防を含む)

sold


(商品番号/PC015)

英軍をはじめ、当時、欧州の国々で軍用使用された

歴史をもつコルトベール社のトルコ軍モデル。

ケースは合金製。

ケース径:約48mm(リューズ部・含まず)

SOLD




(商品番号/PC014)

スイスの歴史ある古参ブランド・タバンの

1920年代頃の懐中時計。

タバン社は当時、日本でも人気が高く、

数多くの人々に愛用されていました。

現在はCYMAと社名変更され、今日まで

続いています。

このモデルは目盛りに金のドットが

象嵌された、シンプルながら優雅な印象を

もつ一品。同時代のアールデコデザインの

チェーンも付いています。

ケース径:47mm(リューズ部・含まず)

SOLD


(商品番号/PC013)

クッション型のホワイトゴールド製エルジン。

文字盤やケース全面に優雅で美しいエングレーブが

ほどこされています。

当時としては高級な17石ムーブ、1925年製です。

ケース径:43mm(リューズ部・含まず)

SOLD


(商品番号/PC012)

洗練された気品と古き良き時代の風格を

漂わせるIWCの懐中時計。

渋い風合いの文字盤に、ブルースチール針、

銀製ケースの側面には手の込んだ彫刻が施されています。

また内部も、金メッキのブリッジ式ムーブメントに

スワンネック緩急針、バイメタルテンプといった

インターならではの非常に高級な機構になっています。

ケース径:約48ミリ(リューズ部・含まず)

SOLD


(商品番号/PC011)

1920年頃の非常に凝った作りの

IWCの懐中時計。

ギョウシェ彫りが施されたダイアルには

ゴールドのデコラティブなアップライト

インデックスにドット目盛り。

裏蓋もアールデコの美しい文様が

施されています。二重に保護されたケース

は当時の純銀製(0.900)。

ムーブメントは金メッキが施されています。

ケース径は、約52ミリ(リューズ部・含まず)

SOLD




(商品番号/PC010)

名門の高級時計ブランド・ゼニスの

懐中時計。すっきりとした白い陶版

ダイアルにブルースチールの端正な

デザインが魅力。

ケース裏蓋は二重蓋式で、銀製品。

外側のケース蓋・裏側にはホールマークの刻印入り。

内側のもう一枚の蓋には、当時の個人の英字サイン有り。

ケース径・52ミリ(リューズ含まず)。

sold


(商品番号/PC009)

1940年頃製造された

グリシンの軍用タイプの懐中時計。

グリシンは、有名なエアーマンをはじめ、

軍用時計でも数々のモデルを生み出しています。

クローム系の頑丈な鉄ケースは

裏蓋がスクリューバック仕様。

¥78,000+税
(CASHの方はTAX分をサービス)



(商品番号/PC008)

高級メーカー・エテルナの

軍用タイプの懐中時計。

1940年頃の製造と思われるモデル。

視認性の高い黒文字盤と夜光数字の文字盤。

そして、頑丈なクローム系の鉄ケースは防塵・防水を

高めるためのスクリュー蓋式。

ムーブメントは金メッキも施されています。

¥78,000


(商品番号/PC007)

直径58ミリ(リューズ部・含まず)、厚み20ミリの

重厚感のあるエルジン社の懐中時計です。

すっきりとしたポーセリンダイアル(陶製文字盤)も魅力です。

SOLD


(商品番号/PC006)

エルジン オクタゴン GF/手巻き 1920年代製

¥50,000+税
(CASHの方はTAX分をサービス)



(商品番号/PC005)

ブロードアロー 懐中時計 英国軍初期 大型サイズ 直径57mm 1900年代製

SOLD


(商品番号/PC004)

エングレーブで彩られたクッション型ケースは

オープンスタンド型にもなる、

稀少なスタイルの懐中時計。

手巻き/1924年製

SOLD


(商品番号/PC003)

アシュフォード&デイビス 英国メーカー GF/手巻き 1910年代

SOLD


(商品番号/PC002)

クロノグラフ 琺瑯ダイヤル ダボ押し式 1910年代 手巻き

¥165,000+税
(CASHの方はTAX分をサービス)



ホームページの表示価格は現金特価として、消費税サービスの5%OFF価格となっております。 クレジットカードにてご購入の場合、+5%の消費税を頂いております。


各カタログコーナーの写真において、拡大写真でも分かりにくい場合は、メールでの画像配信も行なっていますので、 ご希望の方はお問い合わせください。


mail MAP